猫のアレルギーアトピーにブラッシング有効!?猫用アトピカ内用液17ml

2017.2.9|レボリューション 猫用アトピカ内用液


>>猫のアレルギーアトピーなら猫用アトピカ内用液17ml最安値は、こちら!

▽猫のアレルギー症状▽
顔や耳の後ろ、首の皮膚の部分をしきりになめたり、かいたりしている。
そんな時は、アトピー性皮膚炎を発症しているかもしれません。

あまり「かきむしる」とその部分を傷つけてしまって、
脱毛を引き起こす恐れもあります。


さらに、掻き続けることで皮膚炎がますます悪化し、
やがて慢性化すると皮膚が厚くなり黒ずんでしまうことも。

かきむしり、猫が自身を傷をつけてしまった場合、
猫は、お部屋の暗くて狭い場所に長くいるようになったりします。
そのような場合は、良く体などをチェックしてあげてくださいね。


▽ブラッシングで一石二鳥▽ 
写真のようにアトピー箇所が見える事もありますが、
長い毛の猫ですと初期の場合、見逃してしまう事も。
そんな時は、ブラッシング。

毛をブラッシングしながら、猫の身体を観て行く。
すると、アレルギーが原因で起こりやすいアトピーを発見がしやすくなります。
さらに、アレルギーの原因となる、猫に付いたノミやダニの解消にもつながります。


▽ツブツブはつぶさない▽ 
ブラッシングをすると、つぶつぶを見つけたりします。

猫のブラッシングをされる方は、ご存じだと思いますが、
ノミは、お腹に卵を抱えてることがあります。
そのため、つぶしてしまうと卵が飛び散ってしまいます。

なので、くしに付いたノミは、つぶさずにテープを使って取り除く。
くしに洗剤をつけて熱湯につけるなど。
つぶさず処理するようにしてください。
>>フィラリア・ノミ・ダニ駆除のれびゅーはこちら!


▽アトピーになったら?▽ 
まず、動物病院の獣医さんにみせましょう。
アトピーは、人と同じような治療をしていくことが一般的です。
ステロイドや抗ヒスタミン剤を使われることが多いようです。
ですが、愛猫への負担を考えて、免疫治療を選ばれる方も増えています。


▽免疫治療▽ 
免疫治療は、一般的な治療と比べて費用が高くついてしまうのがネックのようです。
なので、口コミレビューを検索すると、
「動物病院で使われるモノを安く手に入らないか?」
という書き込みを良く目にします。
アトピーは、怪我の治療とは違い時間がかかると言われてます。

動物病院でも免疫治療で処方される事もある猫用アトピカ内用薬は、医薬品です。
なので、獣医さんに相談してから購入してくださいね。

>>猫のアレルギーアトピーなら猫用アトピカ内用液17ml最安値は、こちら!

>>アトピーの意外な原因に関する記事はこちら!