夏のフィラリア予防は、レボリューションで行うのがソレ○○!

2017.6.3|フィラリア予防薬 レボリューション


夏になると嫌なのが、蚊の存在ですよね。
蚊

犬・猫で蚊と聞くと思い浮かぶのは、フィラリアですよね。
感染すると、。ペットの心肺にダメージを与えて二度と元には戻らず、最悪の場合死に至ります。

それほど怖いフィラリアですが、予防をしたら実は怖くない病気でもあります。
そして、予防をすることで、ペットのアレルギーからも守ってくれます。



1.アメリカが地球温暖化に拍車をかけるとフィラリア感染増える!?

蚊は、15度になると産卵可能なので、実は15度を超える春から蚊は着実に増え始めています。
そして、気温がそれ以上になると活発的に動き始め、メスが卵を産むために血を吸い産卵をしてさらに活発にさせて爆発的に増えていきます。


さらに悪い事にアメリカが地球温暖化防止条約であるパリ条約から離脱すること表明したので、平均気温が上がりフィラリアを含むデング熱など持つ蚊などが本州、そして北海道まで生息するすることが予想されます。
そのようになると、フィラリア感染の確率は、着実に上がっていきます。
ジカ熱 蚊

ところが、犬を飼っている方は、フィラリアの予防をする割合が多いようですが、猫を飼っている方の予防率は低いと言われています。
それは、犬に比べて猫の方がフィラリアにかかりにくいと言われているからです。


しかし、犬よりも小さな猫がフィラリアに感染すると重症化することもあり、死に至るケースも増えると言われています。
単純に同じくらいに成長するフィラリアが犬と猫の中に入ったら、小さい猫の方が体に負担がかかるのは、明らかですよね。


2.なぜ、レボリューションが良いの?

なぜ、レボリューションが良いの?
フィラリアを予防してくれて、ノミやダニまで退治してくれるからです。
レボリューションの効能について調べると、下記のような内容が書かれています。

・生後6週間以上及び2.6~7.5㎏の猫に対して使える。
・フィラリア・ノミの寄生を防いだり、ダニ(耳ヒゼンダニ)を駆除。
・内服液を嫌がる猫に対して投与できる。
・1回の塗布でノミの感染を一か月予防。
・成虫・幼虫・卵の駆除、処置後3週間は殺卵剤として効果を発揮。
・猫回虫や鉤虫症の感染からも守る。
・ノミが居る環境に近づいてもノミの寄生を防いでくれる。
・毎月塗布することで、フィラリアによって引き起こされる犬糸状虫病をブロック。



3.まとめ

気温15度を過ぎたあたりから蚊は産卵をして、フィラリアに寄生された蚊も増えます。
フィラリアに感染すると突然死をする事もあります。
今後平均気温が上がると蚊の活動シーズンが伸びることが予想されます。

そのためには、予防が大切です。


 口コミレビューや最安値で買えるサイトはこちら!
      ↓↓↓↓
>>最安値送料無料のレボリューションが買えるサイト<<