大雨の後の蚊の発生に注意!?猫ちゃんのフィライア予防には、これ!

2019.5.21|レボリューション


今日は、大雨で神奈川では休校になったところや、
4年前の堤防決壊で鬼怒川付近に住む方の心配する様子がニュースで報じられていました。
決壊しなくて良かったです。


さて、雨が降った後に厄介な虫は、蚊です。

今外に出たら、蚊が飛んでいたので、「たくましいなー」と思わず感心してしまいました(-_-;)
また、寝ている時あのプーンという羽音で起きて電気をつけて探すそのようなことありませんか?

気温が20度を超えて雨が降ると蚊の発生が多くなります。
蚊は、動物が発する臭いによって吸血するようになり、産卵を繰り返します。

臭いを抑えるために足の裏や足の指の間などを念入りにボディーシートで拭くとニオイが抑えられて良いと言われていますが、
それでもやっぱりすべての蚊を防ぐことはできません。

マンションの高層階に住んでいても蚊は、エレベータや階段伝いに登ってきて人のニオイと人の呼吸から出る二酸化炭素によって、
自宅のすぐ近くまでやってきます。
そして、扉が開くことを待っています。

そして、血を吸う以外に蚊が厄介な事として、色々な病気を持っている事です。
人が感染するものとして、マラリア・デング熱・黄熱病・ジカ熱など厄介な病気を持っている場合があります。
数年前にジカ熱を持った観光客が蚊に血を吸われて、蚊がジカ熱を持ち日比谷公園などで消毒を行われた事は、
記憶に新しいですよね。

それと同時に猫ちゃんにとって厄介な病気は、やはりフィラリアではないでしょうか?
フィラリアは、寄生虫の卵を持った蚊が動物に対して吸血する時に寄生虫の卵を排出、
血管などで孵化した寄生虫が肺や心臓に到達してそこでさらに大きくなり肺や心臓などにダメージを与えます。

さらに、場合よっては、突然死することがあります。
このような愛猫の死を観たくありませんよね。

どんなに頑張っても蚊を部屋に入れない事は、100%防ぐことはできないと思います。 
なら、どうやって愛猫を守ればい良いのでしょう?
それは、予防しかありません。

フィラリア予防でもっとも有名な薬は、レボリューションですよね。
ご存知の方も多いかと思いますが、ペットショップや楽天やAmazonで買う事が出来ない医薬品です。
試しに、レボリューションと楽天やAmazonで検索してみてください。
検索結果に表示されない事がわかると思います。

つまり、動物病院で処方される薬だからです。
初診だと動物病院に愛猫ちゃんを診せに行って診察代と処方薬代などを請求されると高くつきますよね(-_-;)

では、安く買うためには、どうしたら良いのでしょう?
不思議な事に、最安値で買う方法もネット使った通販です。

是非、比較してみてくださいね。


最安値レボリューション45mg(猫用/2.6kg~7.5kg)はこちら!

レボリューション/ストロングホールドのイメージ

 >>最安値EU版レボリューション(猫用/2.6〜7.5kg) 15ピペットはこちら!<<