子猫が下痢をした!獣医目線の緊急マニュアル!猫用レボリューション

2017.7.5|レボリューション 猫 医学 猫 病気


下痢をする。
猫はどちらかというと慢性の下痢になりやすですが、はげしい症状を起こし、急速に悪化することもあります。



1.症状別チャート






2.症状

子猫と成猫で違う。
症状
ウンチは、猫の健康上のバロメーターになります。
よいうんちは、茶褐色かこげ茶をしていて、適度な硬さがあります。

それに対して、水のようなウンチになってしまうのが下痢です。
猫によく見られる症状です。
また、下痢のウンチの中に、血が混じったり、白っぽい粘膜上のものが混じったりしている事もあります。

 

原因
同じ下痢でも、子猫と成猫とではとらえかたが少し違います。
子猫の場合は、腸内細菌のバランスがまだ安定していないので、食事や環境の変化に対応しきれず、キャットフードをかえることで下痢を引き起こす場合もあります。
成猫に比べて免疫力も弱いので、感染症を起こしやすく下痢になってしまう事があります。

 

一方、成猫の下痢の原因はさまざまです。
腸などの消化器系の病気はもちろん、膵臓や肝臓の病気、あるいは環状線機能亢進症といったホルモンの異常なども、下痢を引き起こすことがあります。

 

観察ポイント
ウンチの形状や色、ウンチに何か混じっていないかなどを観察してくだいさい。
異常があれば、ウンチを動物病院に持参し、検査を受けましょう。
そのほかにも、食欲や体重など、体調の変化に配慮してください。

 

対処法
症状が続く場合、動物病院を受診をします。
なお、ウンチの検査をしてもらうときは、新鮮なものがより高い精度で原因の究明ができるので、最低でも親指の第一関節程度が必要です。
そして、排便後数時間以内に密封できる容器に入れて持参しましょう。(ジップロックのような入れ物が良いかも)

 

感染症などの場合、病原体に感染していたからといって必ずしも発病するわけではありません。
ただし、免疫力の低い子猫や老猫に発症する確率が高く、最悪の場合死亡することもあります。
感染症にはワクチンで予防できるものあるので、定期的な接種をおすすめします。

キャットフードを替える場合には、今までの物に少しずつ新しいモノを混ぜて慣らしていきましょう。

 

子猫 下痢をした!

3.違う観察とチェックリスト


参考として違う観察のポイント
便の状態の変化は飼い主も気づきやすく、猫の体調をよく表しています。
日々よく観察して、異常があれば早めに対処するようにしましょう。

 

猫は急性より慢性の下痢になりやすい動物です。
下痢や便がやわらかい状態が何日も続く場合は、なんらかの病気にかかっている事が考えられます。
水溶性の下痢には小腸に、粘液状態で血が混じっている時などは大腸に、おう吐もともなるときには胃にも原因があると考えられます。
また、腫瘍や寄生虫、肝臓の病気なども下痢を引き起こします。
慢性の場合は、すぐに死にいたることはないものの、徐々に体力をうばい猫はしだいに衰弱していくので、出来れば早めに診察を受けることが大切です。

 

急性ではげしい下痢は、急速に猫を衰弱させ、特に体力のない子猫や老齢のねこは死にいたることもあります。
ウィルスや細菌の感染、中毒、寄生虫や消化器の病気が原因に考えられます。一刻も早く病院へつ入れて行くことが大切です。

寄生虫は、色々いますが蚊が原因のフィラリアなど猫に寄生する病気もあります。
なので予防できるものは、しておいた方が良いと思います。
私のお勧めは、動物病院で処方されるフィラリア予防薬レボリューション!
でも、Amazonや楽天では買う事はできません。
なので、安く買うなら通販で買う事をオススメします!
 

最安値でAmazonや楽天で売っていない動物病院でしか処方されないお薬を買いたいなら下の公式サイトから!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓