春一番と猫のアレルギーには猫用アトピカ


最近は、はしかが流行して大変です。
医師や看護師がかかったなんてニュースがSNSで流れましたよね。
今年は、はしかと同時に厄介なシーズンが重なりそうです。

それは、春一番が吹いた頃から飛び始める厄介なモノ。
そう、花粉です!! 

花粉

今年は、昨年飛ばなかった分多くの花粉が飛散するそうです。
花粉症になると、クシャミに鼻水、薬を使えば眠くなり仕事の能率が低下する。
数ヶ月耐えなくてはいけない、とても厄介なものです。

花粉が飛ぶ量が増えるということは、
アナタの愛する猫も花粉症になるかもしれません。

猫 アレルギー

【愛猫の花粉症対策】 
 花粉症対策は、とても簡単です。
 ・花粉を家に持ち込まない。
 ・家から外に愛猫を出さない。
 ・家の中の花粉を除去

【花粉を家に持ち込まない】 
 ・家の前で花粉を落とす。
  最近は、花粉を落ちやすくするための静電気防止スプレーなどがあります。
  静電気を防止するだけで、花粉がつきにくくなるので、落とすのが楽です。

【家から外に愛猫を出さない】 
 ・愛猫を家の外から出せば、当然花粉と触れる機会が増えるので、
  花粉症になりやすくなる。

 ・窓を開けても花粉が入ってくるので、窓も開けないことです。

【家の中の花粉を除去】 
 ・空気清浄機を設置すると入れしまった花粉を吸引してくれます。
  空気清浄機を部屋の隅に置いてしまいがちですが、
  空気の流れが悪く思った以上に成果をあげてくれません。
  なので、オススメは、部屋の中央あたりがいいですよ♪
  

 ・粘着ローラーやフローリングモップなどであらかた花粉を吸着させてから、
  掃除機で行ったほうがほこりを舞い上げない分花粉症になりにくいです。
  でも、サイクロン掃除機や排気がきれいな掃除機なら大丈夫かと♪

【それでも、花粉症に愛猫がなってしまったら?】 
・猫は、人と違いクシャミや鼻水をする事はありません。
 症状として皮膚をしきりにかいたりして、皮膚が炎症を起こします。

・そのため動物病院では一般的にステロイド剤を使って治療していきます。
 処方されたステロイド剤をアレルギー症状を起こしている幹部に塗って、
 治療を行っていく形になります。

ですが、ステロイド剤はちょっと嫌だなと思う方には、
免疫抑制剤という選択肢もあります。

ステロイド剤を避けたい方が獣医さんに相談すると処方してもらえる、
お薬の一つです。

しかし、愛猫ちゃんのお薬を動物病院で処方してもらうと一般的に高額ですよね。
実は、免疫抑制剤も処方されると高額です。
ステロイド剤よりも高額なので、実際費用を考えてステロイド剤を泣く泣く選ぶ、
飼い主さんもいるとの事です。

でも、動物病院で処方される薬が、お手軽な価格で手に入ったらどうでしょう?
すごくうれしいですよね(*^_^*)

猫用の免疫抑制剤が安く買えると評判のお店を見つけました!

猫用アトピカ

>>最安値送料無料の猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)5mlはこちら!

>>最安値送料無料の猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)17mlはこちら!


タイトルとURLをコピーしました