犬が白内障に!目薬のクララスティルが安い所はどこ?

2017.6.6|クララスティル


一般的に犬の目は白目の部分があまりないため、
目が白濁してきたら病気を疑います。
でも、ちゃんとした診断を受けるために病院へ行きますよね。


そこで診断が白内障と診断されたら症状に応じて手術か目薬での治療となります。
かつては、犬が若い時は手術それ以外は放置となりましたが、
クララスティルという目薬が出てから目薬での治療が可能になりました。



1.クララスティルは高い!?

良いお薬なのですがその時処方されるクララスティルという目薬がとても高いです。
治療費 犬


ドッグクララスティル公式サイトの定期購入2本送料税込で10,000円。
通常価格が2本セットで12,800円。


最初の6週間は、一日2回計4滴の点眼をすることになっているので、
5ml2本セットだと6週間で無くなる計算となります。
6週間で10000円は、とても高いです。
6週間以降は、目薬がさす回数が減ると言われても50日~60日くらいで2本を消費します。
開封後は30日以内使い切らないといけないので残しておくこともできません。


愛犬のために背に腹は代えられませんが、
それでもお財布はピンチです。


せっかく良い薬と言われても、自分の食費・光熱費などを切り詰めないといけません。
そこで、色々探しまわって見つけました。

2.クララスティルを安く買う方法

クララスティルを安く手に入れる方法。
それは、うさパラという輸入代行のサイトでした。


輸入代行言うと英語じゃなきゃいけないのなど色々不安があると思いますが、
日本語対応で親切に対応してくれます。


さらに、返金保証付きこれはうれしいですよね。
クララスティル 返金保証


輸入代行うさパラの公式サイトは矢印の先です!
↓↓↓↓
>>最安値返金保証のクララスティルのレビュー&購入サイトはこちら!<<


3.再発防止に役立つ秘密の話
再発防止に役立つ秘密の話。


病院では、犬に対しての症状や日々の過ごし方などを話されると思います。
ところが、家の中で起こっている事まで話しませんよね。
獣医さんには、白内障になる前とかどんな状況だったか聞かれると思います。
犬に起こった状況は、話すと思いますが家で起こったことまで話しませんよね。


実は、病気になる前に何か原因があると言います。

もし、白内障と診断されたら病気になる前に愛犬の周りで何か起きませんでしたか?


白内障の場合、やりたくない事や見たくないことなどがありストレスとなって現れることがあります。
白内障になる前、愛犬の前で口論を頻繁にしてませんでしたか?
仕事や家事や育児のストレスが募って落ち込んでいませんでしたか?


犬は、無条件で飼い主を癒すと言いわれてます。
愛犬は、飼い主を癒そうと寄り添ったりなめたりしてあなた又は家族に合わせて接していたと思います。
愛犬は、飼い主を癒しながらストレスを無意識に変わって引き受けてくれると言います。
健気な愛犬のためにアナタは何ができますか?


輸入代行うさパラの公式サイトは矢印の先です!
↓↓↓↓
>>最安値返金保証のクララスティルのレビュー&購入サイトはこちら!<<