犬用クララスティルってどうなの?クララスティル(Clarastill)【1本5ml】

2017.1.27|クララスティル




犬用クララスティルのってどうなの?


クララスティルは、犬の白内障の治療に適した点眼薬。
犬も人間と同じように目の病気にかかったりします。




一般的な目の病気として、角膜炎、結膜炎、硫涙症(涙やけ)、緑内障、白内障などがあります。
これだけ見ても、本当に人と同じ病気にかかったりしますのでびっくりです!

>>犬用クララスティル(Clarastill)のはこちら

中でも注意したいのが白内障。
人と同じように老化などが原因として、罹病率が高い病気と言われています。


▽白内障とは?▽

一般的に白内障にかかると、透明である目の水晶体が少しずつ濁っていきます。
そして、視力が低下し、進行すると日常生活に支障が出てきます。
また、白内障を放置しておくと、失明する恐れもあります。
白内障になる原因としてカルノシン不足で酸化が進み目が白くなっていくと言われてます。


▽クララスティルのすごさ?!▽

犬用クララスティルの成分「Nアセテルカルノシン」が、
白内障の症状の解消につながると言わています。

カルノシン不足が原因で酸化が進み、
傷つき白濁した目の水晶体に
「Nアセテルカルノシン」という成分が入ると、
天然のカルノシンに変わり天然酸化防止を促すとされているからです。

その結果白内障の症状の解消につながると言われます。

さらに調べてみると10年以上の臨床実験で証明されているようで、
欧州の医薬品安全規格を取得しているとのこと。
これを聞くと、安心感が持てますよね。

とはいっても、
クララスティルは、医薬品のため、
必ず獣医さんに相談してから行ってくださいね。


▽使用方法▽

・最初の1ヶ月間は、両眼に1日朝・夕2回、1滴ずつ点眼。
・2ヶ月目以降は、両眼1日1回1滴ずつ点眼。


▽一般的注意事項として▽

・開封後30日以内使い切る。
・抗酸化剤サプリメントをとらない。
・他の目薬を使った場合は、1時間以上間をあける。

>>犬用クララスティル(Clarastill)のはこちら



>>クララスティルのジェネリックに関する記事はこちら!


コメント一覧