猫のアトピー・アレルギー意外な原因?最安値、猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)【1箱17ml】

2017.1.23|猫用アトピカ内用液


かく猫

最近猫の様子を見ていると、しきりに頭をかいたり、なめたり、体をこすりつけてきたりすることがあります。ノミが居るのかな?と思ってブラッシングをしてみても何もいません。それでも頭をかいたり、舐め続けています。ひどい時には、舐めすぎて毛が抜けてはげになったり、かきすぎて血が出ているのにまたかいていることも・・・。何か強烈なかゆみに襲われているかなと思っても原因がわかりません。


そんなことってありませんか?


病院に連れて行った時、「アトピーかもしれませんね」と、言われて「猫がアトピーになるの?そんなバナナ!!」と驚きました。アトピーは、人間だけがなるものかと思っていたら、違うんですね。猫もアトピーになることを初めて知りました。
あなたは猫がアトピ-になる原因をしっていますか?


猫が発症するアトピー性皮膚炎とは?



猫が発症するアトピー性皮膚炎は、アレルギーの原因となるアレルゲン(花粉・ハウスダスト)を吸い込んだり、皮膚に付くことでおこるそうです。また、虫刺されが原因となる事もあります。そのほかにも、食べ物や、えさを入れる器などが原因でなることもあります。原因が沢山ありすぎるので特定することが困難なこともあります。


発症すると猫は激しいかゆみに襲われると我慢することが出来ません。かゆい部分を後ろ足でかきむしってしまうため赤くなったり、毛が抜けたりします。血が出るほどかきむしる事もあるためかさぶたになったりします。
特に年齢の若い猫が発症することが多いです。
あなたはこの事を知っていましたか?


愛猫にこんな症状が出たら、要チェック!
顔や耳の後ろ、首の皮膚の部分をしきりになめたり、かいたりしている。
そんな時は、アトピー性皮膚炎を発症しているかもしれません。


あまり「かき過ぎる」とその部分を傷つけてしまって、
脱毛を引き起こす恐れもあります。


掻き続けることで皮膚炎がますます悪化し、
やがて慢性化すると皮膚が厚くなり、
黒ずんでしまうことも。
猫 かきむりし


原因
 
アトピー素因を持つ猫がアレルゲン物質を吸い込んだり、
皮膚に付くことが原因でアトピー性皮膚炎は発症するようです。
アレルゲン物質には花粉やハウスダスト、
ダニの死骸や糞、カビの胞子、食べ物など
が挙げられます。

家庭内にあるモノであれば、季節に関係なく症状が続きます。
なので、どんな時に発症するのか、見極める事がアレルゲンの特定につながるので、
普段の様子を良くチェックすることも、とても大切です。


治療方法
アレルゲンを特定して、排除することです。
そのため、動物病院では、血液検査を行います。
病院によっては、全身麻酔をして、猫の胸の外側の毛を剃り、
皮膚にさまざまなアレルゲンを注入して検査をします。

検査結果によって、
花粉が原因であれば、花粉を家の中に入らないようにする。
ハウスダスト、ダニの死骸や糞、カビの胞子などの室内にあるモノであれば、
清潔を保つために、こまめに掃除をしましょう。

シャンプーをすることで、アレルゲンを洗い流せるので、
愛猫がシャンプーを嫌がらなければ、良いようですよ。
>>かゆみ止め成分が入ったペット用シャンプーはこちら!

そして、治療の為に長期にわたって、
病院から処方される薬を塗るのが一般的のようです。


最安値、猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)
 


病院から処方されるアトピー性皮膚炎薬として、
愛猫の負担軽減の為に、
免疫治療薬の猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)が、
処方されることがあるようです。(猫用アトピカ内用液は、医薬品なので獣医の診断が必要ですよ)


しかし、猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)について、
口コミを調べたところ、病院で処方されると、どうしても高額になってしまうようです。
一般的に長期治療になると言われている、アトピー性皮膚炎の治療ため。
なので、口コミでは、お金の面で心配になる方が多いようです。


なので、「同じ医薬品なら、少しでも安く!」 
さらに、送料無料だと、なおうれしいですよね。
>>最安値、猫用アトピカ内用液は、こちら!
 
早期発見、早期治療が、アトピー性皮膚炎が軽くなる近道ですよ!

ペット(犬・猫)用シャンプー関連記事はこちら!

>>猫のアレルゲンの関連記事はこちら!


コメント一覧