猫のアレルギー・原因と解消法・猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)【1箱5ml】

2017.2.11|レボリューション 猫用アトピカ内用液


愛猫が掛かる、猫のアレルギー。
空気中に舞う、アレルゲン、ハウスダストに、
ノミ・ダニの死骸や黄砂に乗ってやってくるPM2.5も厄介もその一つ。
それ以外にも、沢山のアレルギー要因があるようです。

人と同じようにパッチテストを行って、対応する動物病院もあるので、
アレルギー症状やアトピーになった愛猫と感じたら、
どのような対応をするか、
動物病院に問い合わせてみると良いでしょう。
>>アレルギー関係の記事はこちら!

▽食物アレルギーによる症状▽
 原因として、
 食事の中に、含まれるタンパク質が原因で起こってくるアレルギー。
 鶏肉や豚肉などをからなる事もあるとのこと。


▽食物アレルギーの解消法として▽
 動物病院で処方されるステロイド剤がよく効場合には、
 食事性アレルギーを疑って、まず除外食を試していきます。
 発生頻度の高いタンパク質、
 たとえば鶏肉や豚肉を使っていない食事へ変えていきます。
 これを試して効果がはっきりしない場合には、
 次に厳格食を試していくことになっていきます。
 牛肉とお米だけというように材料を極力少なくして試してみます。
 1つの食事は最低1ヶ月程度の時間がかかるようです。


▽接触性アレルギー▽
 食べるものとセットで考えられるもの。 
 猫では稀ですが、時としてプラスチック食器がアレルゲンとなり、
 アトピーになる事も。
 また、逆にステンレス製の物でなる事も。

 症状として、口の周りだけ痒がる。


▽接触性アレルギーの解消法として▽
 プラスチック製だったら、ステンレス製に、
 ステンレス製だったら、プラスチック製に、
 変えて行く。
 これで、症状が解消されて来たら、
 接触性アレルギーだったという事になるようです。


▽薬疹▽
 薬剤でアレルギーは、ちょっと驚きです。
 ひどい時は、アナフィラキシーショックを起こして亡くなることも。
 アレルギーを起こす薬剤は、様々。

 かゆみを抑えるために使った抗ヒスタミン剤で起こすこともあるようです。
 かゆみ止めで使用して、
 余計痒くなるでは、本末転倒ですよね。


▽薬痒の解消として▽
 そのため、治療としてステロイド剤を使う動物病院が
 多いのも納得です。
 それでも、ステロイド剤で愛猫に負担をかけたくない、
 飼い主さんが選んできているのが、
 免疫治療。
>>最安値猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)【1箱5ml】は、こちら!


▽ノミアレルギー▽
 猫で最も多く見られる、アレルギー疾患で粟粒性皮膚炎ブラッシングすると、
 ガリガリとひっかかる発疹。
 ノミアレルギーは、ノミに刺されることによりなるようです。
 唾液の中にアレルギーの原因になるアレルゲンが
 含まれているからと言われます。
 アレルギーは体質に強く影響されますので、
 アレルギー体質を持っていると、発症するようです。
 春先からノミがいるのにほっとくと秋には、
 ノミアレルギーになっている事も。


▽ノミアレルギーの解消法▽
 ノミアレルギーは、ノミがいるか、アレルゲンの完全駆除。
 1匹いてそのノミが1回させばぶつぶつが一気に出来てきて、
 ものすごく痒くなります。
 ノミアレルギーになってしまうと、
 ノミが1 匹でもいるかぎり痒みは止まりません。
 ノミアレルギー解消には、まずノミを完全に退治することです。
 ところが、ノミの繁殖の場所が今では密閉性の温かい場所、
 つまり外ではなく自宅に移っています。
 ノミアレルギー解消のために一年中の予防が必要になって来てます。
>>最安値フィラリア・ノミ・ダニ予防薬のはこちら

 
 痒みがひどい場合はステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)を使用します。
 外用ですと、あっという間に舐め取ってしまうので、
 猫にステロイド剤を使うときは、
 一般的には内服か注射の方になるようです。



コメント一覧