猫の電車移動のマナー&料金と車虫から守るフロントラインプラス

2017.7.29|ノミダニ予防駆除薬 フロントラインプラス


何気なく電車に乗ろうと駅の改札に大きな立て看板が置いてありました。
それは、車内に運べる手荷物に関することでした。

猫 ゲージ

最近は、時差ビズや乗車に関することなどがニュースになっていますが、愛猫の移動にもちゃんとしたルールがあるようです。
このような看板も夏に向けてペットの移動があるからなと思いました。
そこで、各社のルールをちょっと調べてみました。



1.猫は、運賃がかかる?

東急電鉄の手回り品


色々な会社を調べてみましたが、JRのルールを基準に製作している企業が多い事がわかりました。


有料のもの 
●小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)で、
長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度のケースにいれたもの
ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内のもの


●手回り品料金は、1個につき280円です。ご乗車になる駅の改札口などで荷物をお見せのうえ、普通手回り品きっぷをお求めください。


●小動物(ペット等)を持ち込まれる場合は、駅や車内ではケースから出さないようお願いいたします。


車内に持ち込めない物
•危険物、死体、動物(小動物を除く)
•不潔または臭気のため、他のお客さまにご迷惑をおかけするおそれがあるもの。
•車両を破損するおそれがあるもの。


注意したいのは、ケースから出さない事と料金が発生することです。
※東急電鉄に関して料金が見つかりませんでした。


電車でかけると決めて、電車に乗るすると困るのが、ケースの持ち方ですよね。
あみだに乗せた場合、何かあった時迷惑がかかりますよね。
抱えて持つにしても、ケースが大きいと大変ですよね。


かといって、ケースを下に置いたりすると、ほこりがまったりします。
ほこりの中には、ダニやノミが入っていたりします。


そして、座席も・・・。
座った席でお尻のあたりがかゆくなったりしますよね。
それは、ダニだったりします。

2.フロントラインプラスは、猫への思いやり


フロントラインプラスは、猫への思いやり

ダニが付着すると、かゆくなります。
かゆくなるだけでなく、アレルギー性皮膚炎になる事があります。
アレルギーになると治療期間が長くなります。
長くなると当然治療費も比例して高くなります。


さらにダニは、どこにでもいるので遠ざけるのが大変です。
遠ざけるためには、清掃をして空気清浄器で空気をきれいにするなど大変です。


その様になる前に、守る方法があります。
それは、予防です。
フロントラインプラスは、投与することによりペットへ寄生したノミやダニを24時間以内に駆除し、ノミに対しては約1~3ヶ月間、ダニに対しては約3週間新たな寄生を予防し、さらに、ノミの卵の孵化・発育まで阻止し解消します。


フロントラインプラスで電車の移動の心配を解消することをオススメします!


フロントラインプラス
>>送料無料のフロントラインプラスはこちら!