愛猫のノミ・ダニアレルギー性皮膚炎に!ノミダニ撃退法と猫用アトピカという選択。

2017.5.6|猫用アトピカ内用液


猫のアレルギーには、送料無料の猫用アトピカと言う選択。
暑くなると蚊が発生しますよね。
すると、猫にとっては、フィラリアの予防の心配になりますよね。
でも、それ以外でも心配なことが、それはダニやノミの存在です。


眠り猫

1.ノミやダニがもたらすアレルギー性皮膚炎

ノミやダニがもたらすアレルギー性皮膚炎は馬鹿になりません。
人がアレルギーになるように猫もノミやダニによってアレルギーになる事があります
ノミやダニが猫に寄生して血を吸ったり噛んだりすることで、アレルギーになる事があります。


ノミ・ダニアレルギーになると、部屋の中に居るだけで年中アレルギー症状になってしまいます。
人と違いくしゃみや鼻水といった症状ではなく、
ノミ・ダニアレルギー性皮膚炎になると、首や背中やお尻などに赤い発疹(ブツブツ)や脱毛が見られ、とても皮膚をかゆがります。
かゆみのため、患部をしきりにかいたりなめたり、ひどくなると皮膚をかきむしって、出血が見られることもあります。


猫 アレルギー


毛をむしる行為は、ストレスを感じると行う事がありますので「ストレスかな」と思ってしまう飼い主さんもいらっしゃるようです。
気づいたときは、アレルギー性皮膚炎になってからしばらく経ってからということもあります。


2.愛猫がアレルギーになったら?

愛猫がアレルギーになったら?
愛猫がアレルギーになったらまずは、動物病院へ行かれることをオススメします。


動物病院で診断と検査。
その時、日ごろの愛猫様子やアレルギーになったと思われる頃の事の話すことになりますので、日ごろから愛猫様子を観るようにしましょう。


3.アレルギー症状の治療は長丁場になる事も

アレルギー症状の治療は長丁場になる事も。
まず、アレルギーになった物質を愛猫から排除します。
そして、動物病院から処方されたお薬を使って治療をしていきます。


もし、アレルギーの原因がノミやダニなら大変です。
ダニは、暖かくなると爆発的に増えてきます。
そして、取り除くのがとても大変。
掃除機で吸ってもカーペットの下に隠れていて普通に吸っただけでは、ダイソンの掃除機でも吸い取れ切れません。
洗濯をしてもダニは、生き続けます。
日光で日干しにしても生き続けます。
ある意味、無敵と言えます。


また、ノミの場合は、色々な所にはねて移動するので、駆除するのが大変です。





4.ノミ・ダニ駆除方法

最強ともいえるダニにも、弱点があります。
それは、熱です。
60℃以上の熱で30分当て続けると、死滅します。
それを可能にするのが、衣類乾燥機。
衣類乾燥機に入れて30分以上回せば死滅していきます。


それでも、衣類乾燥機に入れることが出来ないものはどうするのか?
例えば、カーペットやソファーなど。


その場合は、部屋を一度暗くして表面に上がってきたところを二方向から二回掃除機をかける。
朝会社に行く前にすべて暗くして部屋を出て帰ってきたときに、掃除機をかけるのがベストです。
それを根気よく何回も行う事で、徐々に減っていきます。


ノミは、飛び回るので根気よく掃除機をかけるなどして部屋をきれいに保つ事と、ブラッシングをして愛猫に付いたノミを取り除く事。
その時、ノミをつぶさないように処分すること。
ノミをつぶしてしまうと卵をまき散らすことになるのです。


そして、猫用のノミ・ダニ予防駆除薬を使う事。
愛猫についたノミ・ダニを駆除していきます。
>>最安値送料無料の猫用予防駆除剤のはこちら<<

 
5.動物病院で処方される猫用アトピカをより安く買う方法

飼い主の中には、ステロイド剤に抵抗がある方が、
他の治療法を動物病院の医師と相談される方もいらっしゃいます。


猫用アトピカ


その様な方が選ぶ治療薬として猫用アトピカがあります。
猫用アトピカは、皮膚疾患や自己免疫症疾患の免疫抑制剤という治療薬です。
猫用アトピカは、動物病院で処方される薬なので市販薬よりも効き目が優れています。


もし、動物病院で処方されるお薬がより安く買えたらいいですよね。
長期になるかもしれないアレルギー治療ななおのことですよね。
少しでも財布にやさしく愛猫の治療に専念出来たらうれしいですよね。
>>最安値送料無料の猫用アトピカ内用液 17mlのはこちら  


6.まとめ
 
ノミやダニで猫は、アレルギー性皮膚炎になります。
その様にならないためには、日ごろからノミやダニの予防の為に、部屋などの掃除は必要です。
それでも、アレルギー性皮膚炎になったら、動物病院で診察してもらって、何が原因でアレルギー性皮膚炎になったのか特定をして、
アレルギー物質を排除することがとても大切です。


動物病院で処方されるステロイド剤を変えたいと思った時は、獣医と相談すれば処方薬を変更することもできるでしょう。
処方薬をステロイド剤から変えるとやはり高くなります。
動物病院で処方されるお薬は高いです。


それは、お財布を直撃しますよね。
少しでも安く良いモノを愛猫に与えたいですよね。
>>最安値送料無料の猫用アトピカ内用液 17mlのはこちら  



素敵で賢いあなたなら、何を愛猫の為に選択するか?もうお分かりですよね。