花粉本格シーズン突入、猫の花粉症には!?


今日は、広い範囲で花粉本格シーズンと報じていました。
マスクと薬を先日大量購入しました。

2月23日花粉情報

この画面を見るだけで、目がかゆくなりくしゃみが出てきます。
全国的に赤いマークが出ている日は、
早くこのシーズン通り過ぎないかなと思ってしまします。

2月23日花粉

今年期花粉症デビューという方もいらっしゃるかもしれません。
それは、猫ちゃんもどうようです。
花粉症は、例えとしてバケツにいっぱいになった水があふれたときと同じです。
昨年快適に過ごせたのにいきなり、鼻水や目のかゆみに襲われます。

猫ちゃんの場合は、痒くなり体をかいてしまいます。
かきむしると毛が無くなり、皮膚から血が出ます。

その時、あわてて動物病院に駆け込むなんてことになるかもしれません。
動物病院では、診断をした後、ステロイド剤を処方される事が多いです。

花粉症にかかったことがある方ならわかるかと思いますが、
年々症状がひどくなっていきます。
秋にも同じ症状になったり、症状が重度化したり様々ですが(-_-;)

猫ちゃんも同様で、重度化する場合があります。
その様になってくると、「ステロイド剤を長く使うとどうなるのかな?」と、
心配になる事もありますよね。
医師が処方するので安全性は高いと頭でわかっていてもステロイド剤でしょと、
思う事がありますよね(-_-;)

実は、動物病院では、ステロイド剤以外の方法で治療を行う方法があります。
アレルゲンに対して過剰に反応してしまう免疫系皮膚細胞の働きを抑制し、
皮膚の赤みやかゆみなどのアトピー性皮膚炎の症状を緩和させる方法です。

猫用アトピカ

それが、アトピカというお薬です。
ただ、ステロイド剤に比べてお高く家計を圧迫します。
そのため、ステロイド剤に戻される方もいらっしゃいます。

でも、良い薬なら使い続けたいですよね。
お財布にやさしいアトピカを販売しているサイトをあります。

今思いませんでした?
楽天やAmazonでアトピカ売っていないの?って、
実は、大手の販売サイトでは売っていないのです。
それは、お医者さんが処方するお薬だからです。

>>最安値リピーターが多い猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)はこちら!


タイトルとURLをコピーしました