複数の猫を飼う心得とダニ・ノミ予防にフロントラインプラス

2017.8.1|フロントラインプラス



猫 飼い主

1.複数頭を飼うには?


猫は、子猫時代を母猫と兄弟猫とともに暮らしますが、大人になると1匹だけで単独生活をする動物です。
だから、大人猫は仲間を必要としないのが基本と言われています。
飼い猫の場合は、違うようです。
複数の猫が仲良く暮らすこともできます。
理由は、いくつになっても子猫の気分でいるからです。
そして、食料が十分ある事も理由の一つです。


野生の場合、子猫は成長すると母猫の縄張りから追い出されます。
子猫は母猫の元で甘えたいのですが、母猫の攻撃に耐えきれず出ていきます。
そして、新たな縄張りを確保して単独生活を始めるのですが、その過程で大人への階段を上ります。
いつまでも子猫とともに暮らすと食料が足りなくなり共倒れになると本能的に分かっているからです。


ところが飼い猫はいくつになっても飼い主が母猫のように世話をして可愛がってくれ、追い出されることがありません。
そして飼い猫はいつまでも子猫の気分でいられます。
したがって子猫時代と同じように仲間とともに暮らす事が出来るのです。
食料で争う必要が無い事も、ほかの猫の存在を受け入れる理由です。

2.複数の猫で悩むこととは?


とはいえ、全ての飼い猫が仲間と仲良く暮らせるわけでもありません。
子猫時代に仲間とともに暮らした経験が無い猫は仲間を受け入れないこともあります。
人間の目には仲良く見えているように見えても実は、お互いを無視したり見えないところでけんかをしたりします。
猫同士の関係が悪いと思える時は、「逃げ場」を作っておくことが大切です。
追いかけられた時逃げ込める場所や寝場所などを作ります。
人間流の仲良しを求めず、猫たちの流儀に任せる事です。
嫌な時は顔を合わせずに済む環境があれば、長い時間をかけてお互いの関係をそれなりに気づきあげて行くはずです。


複数頭飼いにはトラブルもありますが、猫同士の関係を観察できる楽しさもあります。
猫たちだけの猫社会のようなものができ、「猫社会対人間」の構図が生まれるところも興味深いところです。
一方一匹だけを買っている場合は、猫と飼い主のきずなが濃密になる楽しさがある反面留守番をさせる後ろめたさを感じる事もあるかもしれません。
複数頭飼いと一頭飼いには、それぞれ楽しさと悩みがあります。


ただ、10歳を超えた猫が居る場合は、若い猫と共存するには体力が落ちるているので避けた方が良いかもしれませんね。


猫が複数頭生活すると、頭を悩ませるのが寄生虫の増殖・・・。

3.寄生虫から大切な愛猫を守るには?

猫が増えると、ノミやダニが増える要因になる事も・・・。
家には、ノミやダニにが発生します。

サナダ虫

猫に寄生することで増えるノミの中には、サナダ虫が居る事があります。
サナダ虫は毛づくろいをなどで猫の体内に触れることがあります。
サナダ虫が猫の体に入ると体重が減少したり、体調不良を起こしたり、アレルギーになる事もあります。


そして、猫に触れることで飼い主さんの体に取り込まれた場合、サナダ虫が飼い主さんの体の中で成長することがあります。


またダニは、寄生されただけで、アレルギーを引き起こすことがあります。

このような厄介な寄生虫から身を守るには、フロントラインプラスが必要です。
フロントラインプラスは、投与することにより、ペットへ寄生したノミやダニを24時間以内に駆除し、ノミに対しては約1~3ヶ月間、ダニに対しては約3週間新たな寄生を予防し、さらに、ノミの卵の孵化・発育まで阻止するので、ダブルでお悩みを解消してくれます。

フロントラインプラス

>>送料無料激安のフロントラインプラスは、こちら!