猫の広範囲のハゲの原因は、アレルギー⁉ 

アトピー

おはようございます。

3月に入り暑い時期が続いているため、猫の毛が生え変わってきて来ていると思います。
換毛期と呼ばれる時期ですね。
ブラッシングをこまめにしないと、ソファーやカーペットなどが毛だらけになってしまい、掃除が大変💦
ふと、この時期何か違和感を猫ちゃんから感じることがありませんか?

1.なぜ毛が生えないの?

しかし、冬毛から夏毛に生え変わる時期に不思議と毛が生えない時があります。
よく観察しているとその部分をしきりに舐めたり、かいていたりしています。

いつも毛づくろいの行為かなと思っているとしきりに掻いているそんなこと見かけませんか?
実は、その部分が気になっている原因があるかもしれません。
ほっておくと、下の写真のような状況になる場合が・・・。

これは、猫ちゃんがアレルギーに起因にした慢性皮膚炎になった様子です。

2.春先のアレルギーによる慢性皮膚炎って?原因は?


文字通りアレルギー症状で起こる皮膚炎です。
一般的には、アトピー性皮膚炎と言われます。
春先花粉が飛ぶシーズンにみられるなら、二つ考えらえます。
一つは、花粉によるアレルギー症状。
もう一つは、ノミ・ダニによるアレルギー症状。

どちらも春先暖かくなる時期に発症しやすく、一度なると慢性的に続きます。

春先のイレギュラーとして今年のように3月なのに20℃を超えてくる場合は、蚊による病原菌が引き起こしたアレルギーを疑う可能性があります。もうすでに、蚊を発見しました。

症状が出る場所は、大きく3つ。
一つは、口。
二つ目は、頚部、腹部。
三つ目は、後肢の後面。

蚊の場合は、耳や頭などが挙げられます。そこを重点的に刺すことがあるため。

3.アトピー性皮膚炎の診断方法とは?

必ず、このような症状になった時は、動物病院で診断してもらう事が大切です。
その際、動物病院の診察で必ず飼い主さんに聞かれるのが、5W1Hです。
Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)と聞かれます。
つまり、常日頃猫ちゃんの事をどれくらい見ていたか問われる質問をされます。
事細かく説明できればできるほど、原因のアレルギーを見つける事が早くなり、症状の改善につながります。
ドクター
質問の主な内容は、食物アレルギー、ノミ・ダニ、シラミ、細菌、酵母による感染症など、痒みを引き起こす他の原因疾患にかかっていないかを確認することになります。
該当しなければ除外していくことを行います。

4.ズボラな私でも今すぐできる観察術

なら、「日中働いていて猫ちゃんの様子が見れない私は、飼い主失格?」と、思う必要はありません。
そこは、動物のプロですので、わかる範囲気付いた範囲で話していくだけでも原因を特定していきます。
情報がより多いと判断材料が増えるという事です。

もし、気になるようでしたら、毎日の食事や猫ちゃんの様子を写真をスマホで撮っておくのも良いかもしれません。
気付いていない部分をレンズがとらえてくれることがあります。

5.治療の種類

一般的に動物病院では原因によって詳細は異なりますが、大まかに4つの方法を行う傾向が多いようです。

1.薬物治療、薬用シャンプー、薬用コンディショナーの利用などの抗掻痒療法。
 ステロイド剤を使用してのかゆみを抑える方法。薬用シャンプー・コンディショナーを使用しての保湿によるかゆみの緩和。

2.生活環境から可能な限りアレルギーの原因(アレルゲン)を排除する。
 花粉の季節窓開けない、持ち込まない、空気清浄機を回して花粉を排除する、ノミやダニを除去しアレルゲンを排除する環境改善方法。

3.アレルギーを引き起こすアレルゲンを少量ずつ回数を分けて注射することにより、アレルゲンにペットの身体を徐々に慣らしていく減感作療法。人で行うところの舌下方法と似ています。

4.アトピー性皮膚炎が比較的軽度の場合には、患部を刺激しないように、「エリザベスカラー」やソックスを利用する。ペットが患部をかいたり噛んだりするのを物理的に防ぐことができます。※
※ソックスに関しては、アレルゲンとなっていない素材を使用します。

6.ステロイド剤の危険性

アレルギー性による慢性的皮膚炎でよく使われる薬としてステロイド剤を動物病院では使用します。
しかし、治療期間中投与し続ける事はしません。
必ずといっていいほど、休息期間を設けます。
治ったからではなく、間隔を空けて使用することになります。
なせ、間隔を空けるのでしょう?
そこには、連続して使用できないわけがあります。
それは、皮膚が薄くなったり、細菌や真菌の感染症を起こしやすくなるからです。

また、人にも言える事ですが、セレブの間で花粉症の時期にステロイド剤を注射することがあります。
即効性は強いのですが、高血圧や糖尿病や心疾患などを誘発促進する恐れがあるため、お勧めしないとTVで言っていました。

適量で適切に運用されていれば、効果の高いステロイド剤ですが、何でもかんでもステロイド剤が良いというわけでありません。

7.免疫抑制剤というステロイド剤を嫌煙する方への治療方法

ステロイド剤の嫌煙する方が行う治療方法として得ればれているのが、免疫抑制剤を使用する方法です。
過剰反応を起こしている免疫に働きかけて行う方法です。
ステロイドに匹敵するとの高い評価を得ています。
ステロイド剤のように強力な副作用を起こすリスクを回避しながら、治療続けていくことができるそうで、愛用者は多いようです。
治療方針を悩んだ末に得ればれる方が多いのも特徴です。
一部レビューを紹介します。

動物病院で処方される免疫抑制剤の中でも、もっとも手に入りやすいのが犬猫兼用アトピカです。

8.Amazonや楽天では手に入らない犬猫兼用アトピカを格安で入手方法は?

最近では、ノミダニ駆除薬のフロントラインなどは、Amazonなどで購入することが出来ますよね。

しかし、犬猫兼用アトピカは、Amazonや楽天の大手のサイトでは購入することが出来ません。
なので、動物病院以外で一般的には、購入することが出来ません。
そのため、ステロイド剤に比べて高額な犬猫兼用アトピカを諦めてしまう方も多くいらっしゃいます。

せっかく動物病院でも処方してくれるお薬ですが、もっと安ければ・・・。

実は、犬猫兼用アトピカが猫用アトピカと呼ばれていた時代から安く購入できるサイトが存在したのです。
動物病院の獣医さんにお願いしてこれから紹介するサイトで買うことを相談して買われた方もいらっしゃいます。

>>レビューで紹介した最安値お徳用猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)は、こちら!

是非、格安でネコちゃんの治療を行ってみてください。
最後まで読んで頂きありがとうございます。
皆様と猫ちゃんの健康を心より願っております。


タイトルとURLをコピーしました