海外通販・個人輸入の落とし穴、最安値で賢く猫用アトピカ内用液を買う方法

2017.3.23|猫用アトピカ内用液


海外通販・輸入代行の落とし穴、最安値で賢く猫用アトピカの買い方。
動物病院より安く買える、海外通販・輸入代行。

ネコ
 >>送料無料の最安値で猫用アトピカのはこちら


でも、ちょっとした落とし穴があるのをご存知ですか?
海外通販ならではのコストが輸入する商品にかかる「関税」と「消費税」です。


せっかく安く買えてもその後、関税や消費税がかかっては安く買った意味が無いですよね(^_^;)
でも少しのことだけ覚えておけば、怖がらなくても大丈夫ですよ。


まず、日本円換算で商品代金が16,666円未満の場合は、関税と消費税がかかりません。

関税

次に16,666円以上のお買い物では、6.3%(消費税)と1.7%(地方消費税)がかかります。
個人輸入で課税されるのは合計金額の60%なので、
たとえば2万円のお買い物をした場合、


20,000×60%×× 0.063 =756円
100円未満は切り捨て
内国消費税 = 700円

内国消費税額の17/63
700円 × 17 ÷ 63 = 188円
100円未満は切り捨て
地方消費税 = 100円

通関手数料が200円かかります。

合計で1,000円
(内国消費税+地方消費税+通関手数料)
(700円+100円+200円)


▽関税の実際のところ▽ 
国際郵便EMSでは、実際に関税の支払いを求められるのは5〜10%ぐらいの確率のようです。
税関側の手続の問題なので気にする必要はないですよ。
(こちらから税関側に問い合わせても、「支払う必要はない」と言われるとか)


▽関税の支払い方法について▽ 
国際郵便(EMS等)と国際宅配便(FedEX、DHL等)で支払い方法が異なります。

<国際郵便の場合>
関税額が1万円以下の場合は、税金額と関税手数料(200円)を配達人に支払えば、
その場で品物が受け取れます。
関税合計額が1万円以上の場合、先に郵便局から電話などで、商品の到着と関税額の連絡があります。
配達時の支払いか、銀行や郵便局窓口での事前納付が選べます。

<国際宅配便の場合>
宅配業者が受取人に代わって通関手続きをしてくれます。
そのため、関税は配達人に支払えばOKです。
後日送られてくる請求書で支払う場合もあります。



▽まとめ▽ 
日本円合計で16,666円未満で送料無料の所で買えば、関税も消費税も無く猫用アトピカが安く買えることになります。

 >>送料無料の最安値で猫用アトピカのはこちら


>>猫用アトピカ内用液に関する記事はこちら!