猫用アレルギー薬は、市販よりやっぱり処方薬(猫用アトピカ)が良い!?

2017.3.4|猫用アトピカ内用液


猫アレルギー薬は、市販より処方薬(猫用アトピカ)が良い!?


人の薬でも、市販薬よりお医者さんで処方される薬のほうが、
早く治ったりしますよね?

薬を飲む猫

それは、医師が診断して適切に処方されるから。
そのため、市販薬より効果的な成分が含まれている。


以前、お医者さんに
「この薬、市販薬でありますから大丈夫ですよ」
(治療費安く抑えたい気持ちから)


なんて言ったら、
「処方される薬は、市販薬では使う事が出来ない成分が入っているから効果が違うんですよ!」
なんて怒られたことがありました。

それぐらい、処方されるお薬には、違いがあります。
プロが処方してくれるのには、その価値があるという事です。


それに、薬の使い方の説明もしてくれますしね。
>>最安値猫用アトピカの詳細は、こちら!
 

その点市販薬は、手軽に安く買える分どうしても、
薬の作用は、低く抑えてあるのが一般的です。
それでも使い方を間違えると、市販薬でも副作用が出る。


原因は、ついつい市販薬というフレーズの安心感が、
油断を・・・。


▽やってはいけない、市販薬あるある▽ 
忘れた分を上乗せして使う。
 ・一日朝晩二回という薬を一回使い忘れたので、
  まとめて一日分をいっぺんに使う。

使用期限が切れたものを使う。
 ・使用期限が過ぎているのに、
  大丈夫と勝手に思い込んで使う。

とりあえず急ぎで、効能が症状に当てはまるから買う。
 ・総合薬や広く皮膚炎に作用する薬を棚から選び、
  時間が無いからという理由で薬剤師の話をスルー。

規定以上に使う。
 ・効き目が上がるかなと思って、
   一回の使用量を超えて使う。


▽やっぱり安くて早くアレルギー・アトピー症状を解消させたい▽ 
やっぱり安くて早くアレルギー・アトピー症状を解消させたい。

といっても、猫のアレルギー症状は、人と同じで長期にわたる治療になる事が一般的です。
治療期間が長いとやはり愛猫への負担がかかり心配ですよね?

薬の作用を低く抑えている市販薬と
薬の作用を高めにしている処方薬、
どちらが治療期間の解消につながるでしょう?

それでも処方薬は、高いと思われる方。

もし、動物病院で処方されている薬が、
動物病院より安く手に入るとしたら?

賢明なアナタならわかりますよね。


猫用アトピカ
>>最安値猫用アトピカの詳細は、こちら 


>>猫のアレルギー意外な要因に関する記事はこちら! 


>>猫用アトピカ内用液 catsに関することはこちら!