「犬よりも○○が優れてる?」猫の意外な特性(世界一受けたい授業) 

犬と猫の嗅覚 レボリューション

犬よりも○○が優れてる?猫の意外な特性(世界一受けたい授業)
犬と猫の嗅覚

現在猫は、63種類。
1メートル以上の猫もいる。
猫は、意外な特徴を持っています。

猫は、予想以上の知性があり、
物事を予測する。

例えば、こんな実験。
容器の中に鈴を入れ、猫の目の前で鈴が見えない位置で音を鳴らし、
容器を逆さにして鈴を地面に落とす。

その時の猫の反応は、無反応に近い。

ところが、同じように容器に鈴を入れ、猫の目の前で鈴が見えない位置で音を鳴らし、
容器を逆さにした時、鈴が落ちないと・・・。

猫は、推測が外れたので興味を持ち、近づこうとする。

さて、犬は、人間の100万倍、猫は、人の10万倍。
ご存知だと思いますが、人と嗅覚比較した時の数値です。

これだけ見ると、猫は、犬より劣っていると思います。
でも、ある状況下にあるとき、猫は犬よりも嗅覚が優れている。

眠り猫

それは、寝ている時。
寝ている目の前で犬猫のが好きなおやつを置いてみます。

すると猫は、数秒で気づき、おやつを食べます。
ところが犬は、30秒目の前に置いても無反応。

犬は、意識してにおいを嗅がないとにおいがわからず、
猫は、意識しなくてもにおいを感知する。
その秘密は、猫のひげがセンサーの役目もしているから。

猫は、嗅覚とヒゲの二つで時に犬よりも優れた嗅覚を発揮する。

日光にある眠り猫が門の上に鎮座しているのも、
猫が寝ていても獲物を捕るところを知っていたからかもしれませんね。
眠り猫

>>最安値フィラリア・ノミ・ダニの予防薬レボリューションはこちら
猫用 レボリューション

>>子猫の発育を妨げる回虫は、レボリューションで駆除の記事はこちら! 

>>猫のアトピー・アレルギー意外な原因?最安値、猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)【1箱17ml】の記事はこちら! 


タイトルとURLをコピーしました