緊急事態宣言・ロックダウンするとどうなる?猫用フィラリア予防薬

フィラリア予防薬

今日の夕方にも政府から緊急事態宣言が出されるとか、そのための検討を今実施しています。
また、緊急事態宣言を見越して百貨店も含めて休業や営業時間の時短などを検討しています。
>>最安値送料無料のEU版レボリューション/ストロングホールド(猫用/2.6~7.5kg)のレビューはこちら!

1.緊急事態宣言を見越して企業の対応

これを見越して一部の企業では、営業時間の自粛を行っています。
また、その影響で高齢者などの買い占めなどが進んでいます。

そのため、品薄を防ぐために追加発注を多くとり結果、物価上昇を招いています。

実際4月に入ってから楽天モバイルなどは、緊急事態宣言を見越して、東京などの店舗の休業を決めました。
足を運んでみると店舗のシャッターに張り紙がしてありました。

2.緊急事態宣言の項目

緊急事態宣言が発令されると、このような状態が慢性的に発生します。
しかし、項目に上がっていないスーパーでも営業時間の短縮などが進んでいて過剰反応を起こしています。
理由は、要請ではなく、企業に対して指導することができるからです。

となると、ネットによる注文が殺到しますよね。
Amazonや楽天やUber Eatsや出前館などに集中する可能性があります。

3.物流ショック

クロネコヤマトのAmazon宅配騒ぎを思い出してほしいです。
荷物の発注が多くなれば、配達業者がパンクしました。
宅配物に当たる運送業者の映像などが流れました、衝撃的な映像でした。

Amazonの宅配量が増えてことにより時間指定を一時できなくなり、予定日より遅れたりしました。
予定が遅れたことで不安になりさらに、ネット注文を早くしようとしてさらに増え、商品の到着の遅れがさらに増えました。
ヤマト運送料値上げ

以前は、佐川やクロネコなど正規の運送業者だったが、今は違います。
Amazonの商品で玄関前に置いてほしくない商品でも人が留守の場合、置いていかれる可能性も出てきます。
宅配ボックスは、慢性的に満タンとなり、高価なものが置き引きにあうそんなことも想定されます。

緊急事態宣言やそれにともなう事実的な都市のロックダウンの恐怖は、すでに嫌というほどTVやネットで染みついています。
そのトリガーが引かれたら、騒ぎが大きくなるだろうと思いますよね。

一部の企業では、すでにロックダウンしたら出社できるかと全社員にアンケートを実施しています。
出社できない人たちは、自宅待機となりこの流れにさらなる拍車をかけます。

さて、猫の医薬品も物流の混乱が生まれれば、商品の遅れが生じます。
医薬品をストックする必要が出てきた動物病院では、不足を見越して多くの医薬品を発注すると、
猫用の医薬品が品薄になる可能性が出てきます。

4.混乱前に医薬品を購入するには?

当然、今のシーズンから必要となる薬が多く買われるようになります。
それは、フィラリア予防薬です。
特に、医薬品として有名なレボリューションは、フィラリア予防薬として動物病院でも使われている処方薬です。

なら、どうするか?
今から必要な分だけ注文して医薬品を買っておくことが必要だと思います。

このように書いても買いだめをする人が居ますから、価格が上がる前に購入することをお勧めします。

>>最安値送料無料のEU版レボリューション/ストロングホールド(猫用/2.6~7.5kg)のレビューはこちら!


タイトルとURLをコピーしました