ネコ用アトピカで長期花粉アレルギーを解消

2018.5.5|アトピー 猫用アトピカ内用液


スギとヒノキの花粉が話題に上らなくなったゴールデンウィーク後半。
しかし、今もわたしのくしゃみが止まらないので、今も花粉症の薬を飲んでいます。

今年は、どうも花粉のシーズンが長いのかなと思っていたら・・・。
遊びに行った友人宅の猫ちゃんもしきりに耳の後ろを掻いてました。
昨年まで何ともなかった猫ちゃん。
ところが、わたしの心のオアシスの猫ちゃんも今年からスギ花粉アレルギーとの事でした。
しきりに自分を掻いている猫ちゃんのつらい姿は、見るに堪えません。

そこで、いつまでつらい花粉シーズンなのか調べてみました。

花粉
(http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/calendar.htmlより引用)

データを見ると、スギ花粉がが6月まで飛んでいる事にびっくり。
意外と長い期間花粉が飛んでいる(@_@;)
猫ちゃんも同じで、長い花粉のシーズンが過ぎる事を願っていると思います。

猫 花粉

花粉の話題が上っている時は、窓を開けなかったり、家に帰る時玄関で衣服を掃ったり、
マスクをしたりなどしていたと思います。

今年は、4月から暑い日が続いたので窓を開けたり、そのまま衣服を掃わずに家に入ったりし始めると思います。
その結果、猫ちゃんが花粉アレルギーになる事も(@_@;)

アレルギー症状になるとしきりに自分の身体を掻いたりします。
ノミかなと思ってノミ対策の薬を塗っても改善されない時には、
アレルギーを疑ってみると良いかもしれません。

猫ちゃんがアレルギーになると人と同じで長引きます。
人の場合は、眠くなりにくい薬や症状を抑えたいから強い薬など色々選べます。

ねこ つらい 花粉

しかし、猫ちゃんのアレルギーの症状の場合ステロイド剤を使って治療をすることが多く、
人のように薬の種類が豊富ではないようです。

いくらお医者さんにステロイド剤が効くと言われても、
「ステロイド剤は、ちょっと(-_-;)」と、思う方も多いはず。

その様な時には、免疫抑制剤という選択肢もあります。
しかし、猫ちゃんのお薬を動物病院で処方してもらうと一般的に高額ですよね。
実は、免疫抑制剤も処方されると高額です。
ステロイド剤よりも高額なので、実際費用を考えてステロイド剤を泣く泣く選ぶ、
飼い主さんもいるとの事です。

でも、動物病院で処方される薬が、お手軽な価格で手に入ったらどうでしょう?
すごくうれしいですよね(*^_^*)

猫用の免疫抑制剤が安く買えると評判のお店を見つけました!

猫用アトピカ
 
動物病院で処方される免疫抑制剤をこちらのサイトで安く買う事ができます!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>>最安値送料無料の猫用アトピカ内用液(Atopica Oral Solution For Cats)17mlのレビューは、こちら!<<