レボリューションは冬の○○から守る

2017.12.12|レボリューション 未分類




冬になると、猫のぬくもりを感じる季節ですよね。
朝になると足元がしびれてきて、なんだろうと思うと猫が上に乗っていたり
布団に潜り込んでいることもあります。


まぁるくなって寝ているのを見ると、リラックスしているのかな?と思いますし、
ぐたーーーっと、仰向けに伸びているのを見てもよく寝ているので和みます。


そして、暖かい場所を求めて猫は移動しますよね。
陽だまり、ホットカーペット。洋服の中・・・。
タンスの中に入っていることもあります。
どうやって入ったんでしょうね?



猫ちゃんが暖かい場所を求めて移動していくと、あちらこちらで爆発的に増えるものがあります。
これはユジンの家の猫ちゃんの話なのですが、適度な湿度と温度になるとあれが増えます。
あれって何だと思いますか~?


危険で怖いものですよ~。
それはノミです。


なんでも、ノミ取り予防を一度忘れてしまい冬だから大丈夫だと思ったそうです。
そうしたら、いつの間にか猫が体を掻く動作をしていたり、
白いシャツに猫が乗っているとそのあとに黒い粉のようなものが乗っていたそうです。
これってノミの糞だと気づいてからはもう大変。


家じゅう掃除と、バルサンをたいたりして大変な思いをしたようです。
タンスの中も、全部出して、洗濯をして、引き出しも日光に当てて消毒したり
ものすごい大掃除をしていました。


冬だからとのことで予防をしなかったのがいけなかったのかもしれませんが
油断してしまうことってありますよね。
その友人曰く、冬はノミって出ないと思っていたんだそう。



実は、ノミは冬も増えることってあるんですよね~。
それが室内のカーペットの裏や、畳の隙間。
うちにはソファーはありませんが、ソファーの背もたれの隙間とかも
ノミが繁殖してしまうことがあるそうです。


ソファーの隙間って色々なものが隠れているときがありますからね。
指輪とかピアスとか・・・。
見たら、なくしたと思っていたものや、お菓子のかけらが入っていることもあるかもしれませんよ。
注意してみてみたほうがいいですね。


掃除の仕上げもそうですが、その間にも猫のノミはついたままだったり、増えてしまうので
しっかりとレボリューションで駆除することは大切です。
猫が移動するところには、ノミの卵があるかもしれませんし、
知らないうちにサナギが成虫になっている場合もあります。

ノミに再寄生されないように駆除してあげるほうが、早く家の中からノミを追い払うことができますよ。

 
>>EU版レボリューションはこちら<<