完全室内猫の去勢の危険予防にフロントラインプラス!?それってどういうこと?

2017.8.19|ノミダニ予防駆除薬 フロントラインプラス 猫 病気


猫と生活をはじめると、単純に「猫が大好き!」というだけでは解消されない問題があります。
そんな時に一番相談したいのは、実際猫を飼っている人ですよね。
飼育書を読んだだけでは、分からない事があるし獣医さんに相談するすのも敷居が高いと感じますよね。
その様な時に頼りになる存在になるが、実際に飼っている人です。


では、どうやって探したら良いのでしょう?
近所で飼っている人が居ればコミュニケーションを取りながら教えてもらえます。
でも、引っ越してきたばかりや近所の人間関係が希薄の場合飼分かりにくいですよね。


そのような時すぐに聞けて意外と良いのが、量販店のペットも販売しているペットコーナーです。 
大きいければそれだけ品揃いが良いので商品を探しながら、色々なことを店員さんに聴くことが出来ますよ。


今日は、猫の住宅事情を書いてみたいと思います。
もちろん、ノラ猫と飼い猫では環境は違いますよね。
でも、同じ飼い猫でも完全室内猫からお外にお出かけOKの猫もいれば、基本外暮らしの野生児猫までいます。


最近は、交通量の増加や伝染病の問題や獣医さんのアドバイスなどから完全室内猫の割合が多いようです。
そして、一度迷子になると戻れなくなる猫も多くなっています。
実際、書籍などを見ると、89%くらいの人が完全室内猫で、出入り自由8%、外猫3%とありました。(意外と多い!)



そして、飼っているメスオスの割合は、メス54%だそうです。



メス猫を家で飼っていると気になるのが、発情です。
メスからオスを誘う猫は、去勢をしないと脱走したりストレスが溜まったりします。
脱走されたら「そんなバナナ!」とビックリしますよね!
なので、去勢手術をするのが一般的です。

去勢は、15,000円~100,000円ほどかかったりします。(複数飼っている場合も含む)
当然じぶんでは、去勢手術はできないので動物病院に行きますよね。


そのとき違う危険もあります。
それは、ノミやダニの存在です。
動物病院の待合室などには、沢山の種類の動物が待っていて、色んな症状で来ています。
なので、その中にノミやダニを持っている動物も居るかもしれず、そこからから飛んでくるかもしれないからです。


去勢をしてほかの病気になる原因をうつされてしまう。


それでは、本末転倒ですよね。
その様にならないためにも、予防が必要です。


ノミダニを予防するなら、フロントラインプラスがオススメです。


動物病院に連れて行く1週間前にしておくと、良いですよ!
フロントラインプラス

>>格安フロントラインプラスは、こちら!